Junko Kishi

​自己紹介

岸順子 ヘアメイクアップアーティスト

ヘアメイクを始めて31年。
主に芸能界で一流の女優達の専属ヘアメイクとして活動しています。
専属ヘアメイクの仕事が多かったので、その人のキャラクターを見出し、
活かすことにいつも注意を注ぐことを意識しています。

みなさまに
女優達から多くの支持・信頼をいただいた
“本当の大人”
のためになるヘアメイク術をお伝えします

【実績】
A社 カタログモデルヘアメイク担当20本以上
CMモデル ヘアメイク担当 20本以上
広告メディアモデル ヘアメイク担当80本以上

企業7社より メインタレント ヘアメイク依頼25本以上
女性総数7名様専属ヘアメイク担当 ドラマ、映画100本以上
女優総数11名様専属ヘアメイク 女性誌、雑誌、TV出演など多数

Toboji

​自己紹介

Toboji(トボジ) Portrait Photographer

獨協大学出身。シドニー在住のフォトグラファー。
日本にて芸能や舞台撮影、NPO等の活動記録、企業instagramの映える写真撮影、企業の研修会やリクルートページ、飲食店、美容院、某アパレル、雑誌などの撮影を多数担当。自然なポートレート撮影に定評がある。

・芸能(MISIA、中島美嘉、神田沙也加、浜崎あゆみ、東ちづる、ミッツマングローブ 他)
・舞台撮影(渡辺えり子主演『ゲゲゲのゲ』他多数)
・新聞雑誌(産経新聞サンケイEX、週刊モーニング表紙 他)
・イベント(東京レインボープライド チーフカメラマン、フジサンケイグループ シティーリビング、シドニーマルディグラ、日本財団Diversity in the ARTS 他)
・記録撮影(フォトグラファーLeslie Kee氏のOut in Japan、東京都自閉症協会、世田谷区 他NPO等多数)
・企業等(丸井、講談社、リクルート、世田谷区、厚生労働省他)

2007年より撮影業務開始。
2014年より東京レインボープライドの撮影。
2017年は撮影部隊のリーダーを担当。

photographer Leslie Kee 氏が撮影する、特定非営利活動法人Good Aging Yellsによるカミングアウト応援プロジェクト”Out In Japan”の記録撮影を担当。

女優・タレントの東ちづる代表一般社団法人Get in touch主催による世界自閉症啓発デー"Warm Blue"2015-2017 の活動記録撮影を担当。

2017​年ノーベル平和賞受賞の瞬間を高田馬場ピースボート本部にて撮影。

​Work With Pride 2017 表彰式を経団連ホールにて撮影。

​NHK大河ドラマ「直虎」の字題作者Maaya若杉氏のライブパフォーマンスを東京プリンスにて撮影。

​2019年4月より拠点をシドニーに移す。

業務内容;プライベート/ビジネス用の自然体なプロフィール撮影や商用Instagram撮影(飲食店、不動産)等、各種撮影を承っております。
Types;Private/Business Portrait,Events,Family Photo, etc... Please contact.

Takeshi

​自己紹介

Takessuy(タケスィ)
Takessuy is a jewellery designer in Sydney, Australia. he has own label“Takessuy” since 2007 in Sydney . However He has two face, jewellery designer and personal stylist between Sydney and Tokyo. He has created many customers till today.
He loves to creat your personal styling for any situations. His fashions and creativity careers make you look better than original days. Just try and trust Takessuy. You gonna be fabulous with his stunning directions.

業務内容;個人/ビジネス問わず パーソナルスタリングを手掛けます。
Types;Private/Business Personal Styling.

I love to create your personal styling for any situations. My fashions and creativity careers make you look better than original days.

 

Aya Koyama

​ゲストメンバー

​自己紹介

​小山綾 カラダの調整所GLNARS 代表

介護老人保険施設、回復期リハビリテーション病院、一般外来にて、脳梗塞や脳出血、脊髄損傷、神経難病などの方へのリハビリテーション、交通事故や外傷での骨折等に対するリハビリテーションに従事。2017年の3月から独立。 現在、小顔整体とヒップアップ整体をメニューに掲げ、プロカメラマン、プロヘアメイクアップアーティスト、マルイなどのイベントに参加している。 [肩書き] 作業療法士 認知神経リハビリテーション士、IAIR認定Sクラスセラピスト、IBWインストラクター、糖質オフアドバイザー、mysoleベーシックマイスター、GP整体修了、アロマヒーリングセラピスト、mindmapプラクティショナー

撮影会に向けてのミーティングで岸は

この様に発言しています。

岸:「本人が気付いていないその人が本来持って生まれたものと、人生のキャリアからにじみ出る魅力
会話の端々や行動などから ずっと感じながら、ヘアメイクしてる感じ。 だから、好みとかもわりとすぐに感じとれてしまうから、 その人が満足できるヘアメイクをすることができる。

だけど、その人の本来の姿をそのまま見て、タケちゃんが持ってる本能的なビジュアルセンスで修正していくことで、ランクアップしてる感じがするんだよね。 そしてまた、toboちゃんがさらに整えて「作品」にしてくれる。 このコラボは最高のバランスなんだよ。」

岸→キャリアに共感して形にする

タケちゃん→キャリアをグレードアップする

toboちゃん→キャリアを魅せる

私がファッション(衣装)について語るなら。
ファッション(衣装)は貴女の人生を反映する!
つまり貴女が今朝選んで、今着てる服は、貴女の培ってきた感性や価値観や環境や性格がうつしだされているって事。
だからこそポートレート撮影では、
貴女が選んだ服を身につけて欲しい!。スタイリストや誰かが用意した服を着ても、結局はアナタじゃなく他人の世界観を押し付けられて着られてしまうから。何を着て良いか分からない?センスに自信がない!それで良いんです。裸で写るわけにもいかないから、事前にご相談もさせていただきます。それで貴女が選んだ服は、断然アナタらしくて、私は大好きです。
わざわざ撮影用に衣装を購入するよりも、貴女の今お持ちのワードローブの中から選ぶ服やタンスの肥やしになっている服、想いのある服などなど、私にかかれば、どんな服だって素敵に蘇らせられます。

何を着るかじゃなく、どう着るか!
私の仕事は、アナタ自身で選んだ服に丁寧にアイロンをかけた後、
アナタを更に輝いて素敵に見えて、万人に愛される為に、コーディネートを少し手直ししたり、ボタンを閉めたり外したり、いくつかのスパイスを足したり引いたりする事です。
そして、いざカメラの前にたって、どうしたらいいのか分からなくなった貴女に、貴女の容姿でのコンプレックスを尋ね、一番素敵に見える角度やポージングをレクチャーしながら撮影するとこまでお仕事させてもらいます。
是非私達と一緒に貴女のポートレート写真作品をつくりませんか。

「私がポートレート撮影をした方達の多くが3年以内に大きく飛躍しています」と冗談の様にお客様にお話ししております。しかしこれは冗談ではなく、この撮影会に参加することで自分では気が付かなかった自身の魅力や能力、そして弱さを受け入れられ、これまでよりも自分を愛せる様になる様です。その結果、選ばれる人となっているのです。

「これに気が付くために参加したんですね!」

人生の転機になった

そんなお声を頂くたびに、私は幸せを感じております。

私の撮影はとにかく「自然体」を心がけています。被写体をリラックスさせすぎない、程よい緊張感と安心感を両立した空間づくりをしています。

​次は、あなたです♪

 

© 2020 Team KISHI
 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now